まぶたの痙攣は脳が原因?脳神経外科を受診してみた結果

公開日:  最終更新日:2016/08/02

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s
止まったと思ったらまた始まりで毎日気になっていたまぶたの痙攣。

私は4年近くこの症状と付き合っているのですが、間1年間は止まっていて、ここ半年ほど痙攣しているので、また病院を受診することにしました。

そして、気になっていた

・脳が原因のまぶたの痙攣について
・脳腫瘍が原因のこともあるのか

を脳神経外科の先生に聞いてみました。

スポンサードリンク

脳が原因でまぶたが痙攣している場合

まぶたの痙攣の原因のほとんどが「ストレス」「疲労」「睡眠不足」ですが、確かに脳が原因の痙攣もあるのです。

しかし初期の段階だとMRI画像で見てもストレスが原因か、脳が原因か判断がつきにくいそうです。

脳神経外科の先生曰く・・・

脳が原因の痙攣というのは、脳の中にある顔の神経を血管が圧迫する事で痙攣を起こす。

脳が原因で起こる痙攣というのはどんなものかと言うと、引きつるような、普通の表情は出来ないよな痙攣。

そして、最初はまぶただけの痙攣が、徐々に頬や口などに広がっていく。

という特徴なんだとか。

私の場合は局所的な微細な自分でも鏡を覗き込まないと分からない、人には気づかれない程度の痙攣なので、

「今のところそう心配することはない。気になるなら薬で様子をみるしかない」と言われました。

(やはり原因は不明(;O;))

そして以前と同じくテグレトールを処方されました。

スポンサードリンク

まぶたの痙攣は脳腫瘍が原因?と聞くけれど

脳の中にある顔の神経を血管が圧迫する事で痙攣を起こす。

と先ほど記載しましたが、顔の神経を圧迫しているのは、腫瘍の場合もある!!

と、そんな風に書いているサイトがよくあるので、不安な気持ちを煽られるのですが・・・

気になったので、その点も脳神経外科の先生に聞いてみました。

結果・・・
「そんなことは絶対ない」とハッキリは言われませんでした(;O;)

しかし
「そんなに心配することでもない、もし仮に腫瘍ができても、この場所にできる腫瘍はほとんど良性のことが多い」
とのことでした。

なるほど、それだったらちょっと安心です。

確かに、脳腫瘍の初期症状で調べると

 ・頭痛・吐き気・めまい・物が急に見えづらくなる・話しにくい 

などが挙げられ、その中に「まぶたの痙攣」と書いている方はいません。

つまり脳腫瘍でまぶたの痙攣が始まるのは、かなりレアケースなんでしょうね。

脳神経外科を受診してみた結果

前回MRI検査をしているので症状がそのままなら今回は検査をしなくて良いとのことで、やはり原因はハッキリ分からなかったのですが

脳が原因の痙攣ではなさそう、ということと脳腫瘍の不安も解消されました。

なかなか治らなくて不安に思われている方は、一度病院を受診して検査を受けてみることを、おすすめします。医者に心配ないと言われると不思議と安心するものですよ。

目の下の痙攣が続く原因や疑われる病気 効果的な治し方などはこちら

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑