国内旅行 女子必須の持ち物リスト&忘れ物しない荷造り方法

公開日:  最終更新日:2017/05/29

bde1065b40193c313a0803c199cb9a1b_s

旅行は楽しいですが、荷造りっておっくうですよね。
出発してから「あっ!あれ忘れた!」となってしまうと、せっかくの旅行がちょっとブルーになってしまいますよね。

忘れ物をしないように、国内で2泊3日くらいの女子旅行に必要な持ち物リストと、荷造り方法を紹介します!

スポンサードリンク

国内旅行 女子必須の持ち物リスト

必須な物リスト

これを忘れたら、お話にならない必須リストです。
手持ちの小さいバッグに入れておきましょう。

● 財布 現金
● 旅行先での宿泊券や、切符、入場券など
● 免許証
● 学生証・・学割特典があれば受けられる
● 保険証
● クレジットカード
● ETCカード・・レンタカーを借りるなら、あったほうがいいです。
● キャッシュカード・・お金が足りなくなった時に

● ケータイ+充電器
● デジタルカメラ+充電器

忘れやすい!●鍵・・旅行中に存在を忘れてしまうことが多い、家の鍵!
旅行に行く前に入れた場所を頭に入れておき、移動させない事!(旅行先では鍵はいらないので、大きい方のバッグに入れておいても)

● ハンカチ・・2泊3日なら3枚ほど
● ティッシュ
● ウェットティッシュ

● 薬・・酔い止め、痛み止め、腹痛止め、睡眠導入剤など。

その他のリスト

2泊3日分の荷物です。大きい旅行バッグに入れる物です。

● 服・・着ていく服+2日分
● 靴・・普段から歩き慣れてる歩きやすい靴を!その靴に合わせてコーディネートしましょう!

靴は重要旅行に慣れていない人は、その靴で歩ける?!というような、ヒールを履いてきたりします。
そして旅行先で「足が痛いから靴を買い直す」というハメに。旅行あるあるのひとつです。
ヒールを履きたい場合も、ぺたんこ靴も一足持って行きましょう。

● 下着、靴下・・2泊3日でも1日分くらいは余分に持っていきましょう。

● 基礎化粧品
● メイク落とし
● メイク用品
● 日焼け止め

● ドライヤー(ほとんどホテルに付いていますが、ない場合は)
● ストレートアイロン
● コテ
● シャンプー、リンス、トリートメント・・ホテルの物では髪がバサバサになる恐れがあります。
● ワックス、スプレー

● コンタクトケア用品
あるあるコンタクトケースを忘れたり、液を忘れたりもよくあるパターンですね。

● スマホ持ち運びバッテリー
● パソコン

● アクセサリー、腕時計
● サングラス・・日差しがキツイ場合
● 帽子
● 使い捨てカイロ
● 絆創膏
● 制汗剤
● 目薬
● 生理用ナプキン

● メモ帳+ペン
● ジップ付きファイル・・パンフレットやチケットの管理に
● エコバッグ、ビニール袋など
● マスク

■オススメの服装■

  • ワンピース+レギンスorTシャツ+スウェットパンツ(おしゃれな)
  • 電車や飛行機などの移動中は楽な服装にしましょう。またホテルのパジャマを着たくないときにも重宝します。

    スポンサードリンク
  • キレイめワンピース+靴
  • ドレスコードがあるようなお店へ行く場合は必要です。

  • カーディガン、ストール

気温調節に一枚羽織れるものを。日焼け予防にも。

忘れ物防止 荷造りの仕方

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

まずは持ち物リストを紙に書き出します。
前もって入れておけるものは、バッグに詰め込んでおきます。入れた荷物はリストからチェックしていきます。

旅行前日
● 財布・・現金や、免許証、保険証などの必需品があるか確認。
● 現金は、①旅行先で必ずいるお金(ホテル代やチケット代)②お土産用③お小遣いに別けておきましょう。

point割り勘や、みんなでお金を集める際に万券しかないと不便なので、ある程度1000円札に崩しておきましょう。
(一万しかない、という人は必ずいるので両替してあげることもできます。)

● チケットやパンフレットなど、忘れてはいけない紙のものは、ジップつきファイルに入れておきましょう。
● 化粧品は、液漏れしないよう二重に袋に入れておきましょう。
● ケータイやデジカメ、持ち運びバッテリーなどは充電しておきましょう。
デジカメはSDを忘れずに!!

point●服の入れ方 
服をそのまままとめて入れるのはもったいない!
服はクッション材にもなります!一枚ずつ、くるくると丸めてロール状にし、荷物の隙間を埋めるように入れると、荷物の入る量が格段増します。

旅行の帰り、荷物が増えて入らない~!という時にでも試してみて下さい。

● 持ち運びリストの物が全てバッグに収まり、チェックが付くまでリストはテーブルなど目に付く場所に出しておきましょう。

全て用意が出来たら、持ち物リストも持って行きましょう。
(旅先であれ持って来たっけ?と思った時に確認できます。)



じゃらんnet

まとめ

『備えあれば憂いなし』と言いますが、女子は本当に持ち物が多くて大変ですよね。
旅行バッグにあまりパンパンになるまで荷物を入れると、帰りはお土産などで荷物が入りきらなくなってしまうので、
荷造りしてみてバッグがいっぱいになったら、必須の物以外は減らしても良いと思います。

コテやメイク落とし等は友達と貸し借りできますし、足りない物は旅先で購入もできます。
しかし、チケットや充電器等の必須の物や、靴や服装には注意して下さいね。

スポンサードリンク

必須アイテムまでは行きませんが、旅行へ行った時に、これがあって良かった!役に立ったという便利な持ち物についてはこちらの記事をご覧ください→女子旅行あると便利な持ち物13選!移動編・観光編・ホテル編

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑