iPhoneに機種変更する前にやっておきたい5つのこと

公開日:  最終更新日:2016/09/13

e92b6494260da709c85be12f6ce6400c_s

9月・・といえば新しいiPhoneが発売される月です!

Appleファンにはビッグイベントですね!

何日も前からAppleの店の前に並んで買いたい!そんなに想われているケータイ電話は、iPhoneくらいではないでしょうか。

もう新しいiPhoneを予約された方もいると思いますが、
機種変更される前に必ずやっておきたい事があります!

特に古いiPhoneから新しいiPhoneに変える時、「店員さんがやってくれるだろう」と何もせず機種変更してしまったら後々とても面倒なことになります!

(基本的にiPhoneは店員がデータ移行などの手伝いはしません。)

スポンサードリンク

1.Apple ID パスワードを控えておく

そんなの当たり前!と思われがちですが、意外と『Apple IDって何ですか?』という方が多いのです。

何故なら、IDは一度入力すると、サインアウトなどしない限り入力する必要がないから・・

Apple IDはメールアドレスです。
そのメールアドレスは最初にiPhoneを買ったときに決めているので、大抵はそのキャリアのメールアドレスにしていることが多いです。

しかし、キャリアのメールアドレス途中で変更していると、Apple IDに使われているメールアドレスにメールが届かない状態になってしまっています・・・。

Apple IDは思い出せたけれどパスワードがわからない!というときパスワードリセットをしますが、パスワードリセットの際にAppleから確認のメールが届きます。
しかし、使われていないメールアドレスにメールが送られても見る事ができないので、パスワード変更も、Appleにログインもできなくなってしまいます。←これ最悪です。

ですので、機種変更前に必ずログインできるようにApple IDとパスワードは控えておきましょう。

2.バックアップを取る

バックアップの方法は二つです。

■パソコンのiTunesでバックアップを取る。

パソコンにiTunesというソフトをインストールして、そのソフトでiPhone内のデータ管理をする方法です。
パソコンを使ったバックアップのほうがオススメです。
音楽も同期できますし、バックアップを取る容量に制限がないからです。

しかし、私が見てきたiPhoneユーザーのお客様の多くがパソコンにiTunesをダウンロードしていませんでした。
面倒や分からない、という理由からです。
一度覚えてしまえばワンクリックでバックアップがとれます。

■Wifi環境でicloudでバックアップを取る。

wifiさえあればこの方法の方が簡単です。設定のicloudにサインインして、icloudバックアップという項目をオンにしておけば、充電している間に勝手にバックアップを取ってくれます。
しかし、バックアップをタダで取れる容量は5GBまで。一番容量の小さいiPhoneでも16GBはデータがはいるのです。つまりデータが多いとタダではバックアップさせてくれません。

not enough storage」とiPhoneの画面に出ていたら、icloudの容量を超えてしまって、バックアップとれませんでしたよー!という事です。
icloudしかバックアップの方法がないなら、有料のストレージ(容量)を購入して下さい。20GB月々100円です。これも設定の中のicloudの項目に有料ストレージを購入できるところがあります。

ちなみにバージョンアップもパソコンを繋いでやるほうが断然いいです。
wifiでバージョンアップをすると途中で失敗した場合データは飛ぶし、パソコンに繋がないと使えなくなるし・・・(途中で失敗、よくあるんです・・・)

スポンサードリンク

3.ラインのID、パスワード、PINコードを控えておく

二人に一人(以上?)はつまずくラインの引き継ぎ。機種変更した後アカウント変わっている人多くないですか?アカウントが変わると、参加していたグループにも入れないし、ダウンロードしたスタンプもなくなってしまいます。

ラインは初期状態だと電話番号認証しかしていません。メールアドレス登録をしないと他の端末で使えないので、メールアドレス登録をされてない方は先に登録しましょう。

ラインの設定→アカウントに入り、メールアドレス登録のところを確認。できていなかったらすること。→ID、パスワードを控える。
設定の中のPINコードに入り、4ケタの数字を設定します。忘れずに控える。

4.ラインのトーク履歴は消えます、必要な方はバックアップを

大抵の方は消えて良いと思うのですが、絶対に消したくない方もいると思います。
新しい機種でラインを使えるようになったら、トーク履歴は消えます。古いほうの機種も消えます・・・
困る方はトーク履歴のバックアップをして下さい。

5.アプリのデータを引き継ぎ登録しておく

アプリ内のデータは、新しい端末にバックアップから復元した後もそのままは使えないことが多いです。データを引き継いでおきたいゲームなどのアプリは機種変更前に引き継ぎ登録をしておいて下さい。引き継ぎ登録のやり方はゲームによって様々ですので、ゲームのオフィシャルサイトやネットなどで調べて下さい。
facebook、ツイッター、インスタグラムなどもです。

アプリの事で分からない事があっても店員は手助けしてくれません。データの引き継ぎでさえ手伝ってくれない店員が、アプリのことなんて論外です。
ラインがわからない!ゲームの引き継ぎができない!といくらケータイ販売店に駆け込んでも何も手伝ってくれません。管轄外なのです。
店員からすればアプリの内容など、ちゃんとした知識がない上責任が取れないので、手出しはしたくないのだと思います。わざわざ販売店に出向く時間があれば、ネットで調べた方がよっぽど早いです。

アプリはiPhoneのバージョンによっては対応していないものもあります。
新しい機種が欲しい!でも買ってみたら気に入って使っていたアプリがない!ということに・・

私はios7までしか使えないアプリを使っていて、iPhoneのバージョンアップができません(笑)

ですから新しいiPhoneに変えても、古いiPhoneは下取りに出さずにWi-Fiに繋いで使い続ける予定です。

という事でせっかく新しいiPhoneになったのにこんなはずじゃなかった~!となる前に機種変更前の必須事項をチェックしておいて下さい。

★スマホを買い換える前はこちらも参考にどうぞ→スマホに買い換える前に必読!元ケータイ販売員のお役立ちリンク集

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑