スマホを乗り換える前に確認 必要な物と手続きの所要時間

公開日:  最終更新日:2016/05/02

c668237b52ef9a538f25e4950ef44d38_s
他社へ乗り換えるとき、手続きに必要な書類を忘れてその日は手続きできなかったり、取りに帰ったりする事はよくあることです。

せっかく行ったのに二度手間にならないよう、必要な物や手続きの所要時間、などをまとめてみました。

スポンサードリンク

スマホを乗り換える際に必要な物は?

◆必ず必要になるもの

 ・本人確認書類 

・運転免許証
・日本のパスポート
・障害者手帳

健康保険証は一点では本人確認書類となりません。補助書類が必要です。
補助書類は各社違うので事前に調べておかないといけません。
住民基本台帳カード(顔写真あり)も同じ扱いです。

全てコピーは不可です。

 ・毎月の支払方法 

・キャッシュカード
・口座+口座の印鑑
・クレジットカード

 ・未成年の場合 

・本人確認書類+支払い方法
親権者
・本人確認書類
・同意書

◆基本は、手続きをしに行く人の本人確認書類と、支払い用の口座やクレジットカードを持って行くだけで良いですが、

現在の名義人と、乗り換えた後名義人を変える場合(例、今は父親名義→乗り換え後は子供名義にする)
名義人と、支払い名義人が違う場合(例、支払い名義は旦那様、名義人は奥様)
などは、必要なものが変わって来るので事前に問い合わせておきましょう。

乗り換えは、本人以外の代理人での手続きは基本的にできません。

スポンサードリンク

◆あれば手続きがスムーズになるもの

 ・乗り換えの予約番号(MNP予約番号) 

予約番号は、番号をそのまま他社で使えるようにするために必要なものです。
現在契約しているケータイキャリアのショップか、電話お客様サポートダイヤルで取得できます。
予約番号を発行してから、その番号の有効期限は14日です。もし期限が切れてもペナルティ等ありません。

乗り換え手続きの所要時間は?

ケータイショップで面倒なのは、手続きにすごく時間がかかるということです。プランやオプションを決めながら進めていくので、遅いときは2時間以上かかってしまいますよね。

しかし、乗り換えの予約番号を取得済みで、プランもほとんど決めていて、アプリの引き継ぎも完了していれば、手続きは30分以内に出来ることは出来るのです。

ですので、プランやオプションを決めながら手続きをすると平均1時間半くらいはみておかないといけません。これは1人の手続き時間です。ご家族一緒になるとさらに時間がかかります。

そして、乗り換えの場合は8時までに登録手続きを完了しないといけないので、逆算すると6時半までにお店に行っておきたいですね。

登録手続きが終わると、スマホの初期設定などに少し時間がかかります。

まとめ

各会社によって、補助書類が違うので、運転免許所やパスポートがない場合は何を持っていくか前もって確認しておきましょう。

また予約番号を先に取得しておいたり、アプリの引き継ぎ登録を完了させておくと手続きはスムーズに進みますよ。

★スマホを買い換える前はこちらも参考にどうぞ→スマホに買い換える前に必読!元ケータイ販売員のお役立ちリンク集

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑