ジェルネイルをぷっくりツヤツヤきれいに塗るコツ

公開日:  最終更新日:2016/04/16

19594
ジェルネイルはマニキュアと違い、「ぷっくり」「ツヤツヤ」「長持ち」が魅力ですよね。
しかし、自分で施術してみると、ネイルサロンでしてもらったようなぷっくり感が少なく、長持ちもしない!
なにを間違ったのか、ツヤが出ない!ということはよくあります。

ではどうすれば、ネイルサロンのようなぷっくりツヤツヤ、長持ちジェルネイルがセルフでもできるのでしょうか?

スポンサードリンク

1.ベースジェルは肝心!適量を塗りましょう

ベースジェルが塗れていないところにカラージェルを塗ると、カラーが縮んでしまいます。

ベースはきっちり爪のサイド、キューティクルラインまで塗ることが基本です。

何事もベースが肝心なんですね。

(たまにベースジェルは省いくという人がいるみたいです(゜o゜)!!!
塗れたとしても、爪にカラージェルの色素が沈着してしまうそうですよ・・)

ベースジェルを筆にとります。ジェルは筆の大きさにもよりますが、筆の半分くらいのせて塗るのが適量かと思います。

爪の根元より少し上に筆を置き、筆を押し広げてキューティクルラインに沿わすように塗ります。

2.ジェルはマニキュアと違って、塗るのではなく、置くのです!

カラージェルを塗る際もベースジェルと同様に、筆を押して広げてキューティクルラインを塗ったあと全体を塗りますが、

マニキュアのようにスーっと下から上に塗ると、縦にスジが入ってしまいます。
ジェルの塗り方は、筆を置くようにするんです!

この塗り方、慣れるまでよく分かりませんでした。
でもホワイト系は特にはちょんちょんと置いて塗らないと綺麗にできません!

置いて塗ると、最初ムラっぽくみえるのでちょっと放置します。

ジェルは自分で凹凸をなくして平らになろうとする力があります。
(セルフレべリングといいます。)これを利用してムラがなくなったら硬化します。

スポンサードリンク

マニキュアの様な塗り方をしてジェルを塗ると、塗る量が少なくなってしまい、厚みが出ません。→ぷっくり感が出ません。

3.ぷっくりさせるために、トップジェルは少し固めで厚みが出るものを

ぷっくり、ツヤツヤにするためにトップジェルを塗るのですが

サラサラ系のジェルは塗り易いけれど厚みがでません。
ぷっくり感がうすいのです。

ですので、ぷっくり感を出したかったら固めのジェルのほうがオススメです。
(扱いづらくない程度の)

私は少し固めの厚みの出るジェルを2回塗りするようにしています。

または、固めを一回塗った後、ワイヤレスのサラサラジェルを塗ったりします。

ワイヤレスは未硬化ジェルの拭き取りがないので、ツヤツヤで終了できるのでストレスフリーですね。
未硬化ジェルの拭き取りで失敗する事も少なくないので・・・

使っているワイヤレスジェルはこちらなんですが、すごく使い勝手が良く、何より安くて物が良い所が気にいっています。
ワイヤレスって本当はもっと高いのが普通なんですよね。

まとめ

きれいにぷっくり塗るコツ、いかがでしょうか?
最初はホワイトなどは難しいので、パール入りやラメ系のカラーで練習するのが良いかと思います。
ムラになった場合、ストーンやホログラムなどでかくせるのがジェルネイルの良いところですね。
色々な技を試してみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑