女性に増えている薄毛!秋の抜け毛と対策

公開日:  最終更新日:2015/09/22

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

秋と言えば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、抜け毛の秋・・えっ?
そうなんです!秋と言えば抜け毛の季節なのです!!!秋は一年の中でも抜け毛が一番多い季節と言われています。なぜでしょう?
それは、夏たくさん紫外線を浴びたり、皮脂が溜まっていたり、エアコンによる急激な温度変化だったり頭皮もお疲れなのです。また、動物のように夏が終わると夏毛が抜けて、冬の準備をしているという説もあります。

スポンサードリンク

まず、一日何本くらい毛が抜けるか

目安になる抜け毛の本数ですが、こちらは個人差があります。
しかし、一般的に言われているのは一日100本くらいなら正常の範囲内です。
しかしそれが秋になると200~300本も抜ける事があるというのだからビックリしますよね!
(ちなみに私は抜け毛が多い時は当たり前のようにシャンプーだけで100本抜けていました。ちゃんと数えました)

男性の場合、生え際が後退してきた、頭頂部が薄くなってきた、等薄毛の症状は顕著に現れますが、女性の薄毛の悩みで多いのが
分け目周辺から薄くなってしまう
という症状が一番多いです。
そして徐々に分け目周辺から薄くなってしまうのです。

髪は長い友達と言って髪は女性にとって宝です。髪型ひとつで見た目や年齢も変わってみえてしまいます。

今からできる薄毛対策

 ◇シャンプー選び 

抜け毛は洗髪時が一番多いのです。その洗髪が間違えた方法だったら・・・
余計に薄毛を進行させてしまいます。

シャンプー剤は頭皮の質によって合うものは違いますが、高級アルコール系、アミノ酸系、石鹸シャンプーなど、種類があります。

肌質もありますが、個人的におすすめは、せっけんシャンプーです。
洗浄成分が昔ながらの石鹸なので、石油系洗浄成分のシャンプーとは違い有害物質の心配がないという点と、すすぎがとても楽!という点です。市販のシャンプーはシャンプー剤を落としきるのに、かなりしっかりすすぎをしないとと落ちません。よくすすいだ!と思ったあともう一度、すすぎをしてそのお湯を洗面器にためてみて下さい。まだまだ泡がでます・・

石鹸シャンプーはすぐにすすぎ切れていると実感します。欠点は洗い上がりの手触りが相当きしむことです・・・

 ◇シャンプー法 

シャンプーは、シャンプー剤を頭皮につけりゃ良いというものではありません。頭皮をマッサージして、頭皮の汚れを落とす事がシャンプーの仕事なのです。

①ブラッシングで髪の汚れを落としましょう。
ブラッシングでほつれや汚れをおとして、洗いやすい状態にします。この際、ナイロン製のブラシより木製のブラシのほうが良いです。ナイロン製の場合はブラシを濡らすか、髪の毛にオイルなどを塗布してからブラッシングすると良いです。

スポンサードリンク

②しっかり水洗いをしましょう。
シャンプーは事前の水洗いで汚れの80%は落ちると言われています。あらかじめ水で落ちる汚れを落とし、シャンプーが泡立ちやすい状態にしておきましょう。

③シャンプー剤は手の上で泡立ててから頭皮につけましょう。
直接付けるとすすぎ残しの原因になります。

④爪を立てずに指の腹で優しくマッサージしましょう
ガシガシ洗うと気持ち良いのですが、薄毛の多くは未熟な生まれたての毛が成長しきらず抜けてしまう事が原因の一つです。
生まれたての産毛のような未熟な毛を守るためにも、爪は立てず、優しくマッサージしましょう。

⑤すすぎはしっかり!2分以上。
いくら良いシャンプーを使っていても、すすぎができていなくてすすぎ残しが溜まってしまうと本末転倒です。

⑥よく乾かして下さい。

 ◇日焼けを避けること 

秋の抜け毛は、夏の日差しによる頭皮ダメージとも言われています。
帽子や日焼け止めで日差しから頭皮を守るようにしましょう。

 ◇髪型に注意!! 

ポニーテールが薄毛の原因になることもあるのです!同じ分け目や、常に同じ髪型で結んでいる人は気を付けて下さい。

後、頭皮によろしくない生活習慣ですが、

お酒を飲んで帰ったあとお風呂にはらないこと。
朝のシャンプー。
濡れた状態で寝るのもNGです。

抜け毛と頭皮の状態をチェック

女性の薄毛ですが、早めに対策をしておくことはとても重要です。
しかし神経質になりすぎるのも考え物です。気にしすぎてヘアカラーやセットを楽しめないのも寂しいものです。

まず、シャンプーで抜ける毛は仕方ないのです。
髪の毛には寿命があります。抜け毛が怖くてシャンプーができない!という方もいますが、抜けないと新しい毛は生えてこないので、抜け毛は必要なのです。

しかし、抜けていいのは寿命を迎えた毛たち。抜けられては困る、要注意な抜け毛があります。どんな抜け毛が要注意かというと、細く、短い毛です。
これから太く長く伸びるはずの毛が、育ちきらずに抜けてしまっているのはなにか問題があるのです。

ですのでたまにはエステに行く感覚で、信頼のある美容院で頭皮の状態をチェックしてもってはどうでしょう。マイクロスコープで自分の頭皮を見て、状態を確認、それに合わせたメンテナンスを行うのです。
頭皮の状態は、柔らかく青白いことが良いとされています。逆に頭皮が固く、赤い状態はよくありません。血行不良を起こしている証拠です。私も最初美容師に見てもらったときは赤いと指摘されましたが、何度も頭皮チェックとメンテナンスをしているうちに良い、頭皮状態になってくれました。

まとめ

抜け毛の気になる秋だからこそ、いまから薄毛対策を考えてみてはいかがでしょうか。ヘアケア剤や自分に合う方法を見つける事はそう簡単な事ではないですが、何事も早めの対策が肝心です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑