年賀状 喪中の範囲や期間は?夫、妻の祖父母の不幸事は?

公開日: 

 年の初めの挨拶の年賀状。もうそろそろ用意を始められる方もいるかと思います。

ところが、こういう場合は喪中になるのかな?と迷う時があります。

「今年のはじめに妻のお祖父さんが亡くなったから、うちは喪中なのか?
喪中だったら、年賀状は控えて喪中はがきを送るべきなのか・・・?」

などという場合、どうすればいいか迷ってしまいますね。
どこまでが喪中で、期間はどのくらいかここで確認していきましょう!

スポンサードリンク

年賀状の喪中の範囲や期間は?

そもそも喪中とは?

近親者が亡くなったとき、一定の期間、故人の死をいたみ、身を慎むこと
です。

喪に服している間は、おめでたいことはしません。
ですので、お正月のお祝い(門松や鏡餅の飾り、おせち料理など)は行わず、年賀状も送らないのが一般的です。

年賀状を送らない代わりに、事前に「喪中はがき」(年賀欠席礼状)を送ります。

喪中の範囲は?

喪に服すのは故人からみて一親等・二親等までが一般的です。

・一親等
両親、配偶者、義父、義母、子

・二親等
兄弟、姉妹
義兄弟(夫や妻の兄弟)
義姉妹(夫や妻の姉妹)
祖父、祖母
義祖父(夫や妻の祖父)
義祖母(夫や妻の祖母)

これは各家庭の考えや付き合いの程度で変わってきます。
同居している二親等までは喪中にするけれど、離れて住んでいる場合はしない事のほうが、今は多いかもしれませんね。

喪中の期間は

期間に関しても、続柄によって期間が違います。
昔は男女で喪に服する期間が違い、男性のほうが長く期間が決められていました。

スポンサードリンク

しかし、男女差別になるので、現代では男女同じ期間になりました。

喪中といわれる期間は、宗教などで多少の差はありますが、
平均は配偶者や同居する両親で1年。
それ以外は3~5ヶ月です。

 しかし、明確な決まりはありません。

喪中はがきはいつまでに出す

年賀状を出すのが12月中なので、遅くても12月の初旬までにはだしておくのがマナーでしょう。

喪中に年賀状をもらったら?

喪中のはがきを送っていたけれど、年賀状をもらった場合、1月7日を過ぎてから寒中見舞いや、返礼の手紙を出しましょう。

夫、嫁の祖父母の場合

「妻のお祖父さんが亡くなった。結婚して間もないし、年賀状を出そうと思っていたがどうしよう・・・?」

こんな場合みなさんどうしているのでしょう?

祖父母の不幸事は喪中にする人と、しない人がいます。

同居している場合は喪中にする、遠方の場合はしない、のように各家庭で考え方が違うようですね。
付き合いの程度や土地柄、家庭環境で人それぞれ違い、
とても曖昧なものなので、ご家族と相談しあって決めるのが良いでしょう。

 ちなみに昔は、嫁いだら嫁の実家の不幸は、喪中扱いにしませんでした。
なぜなら、喪中にすると夫の家も喪中になってしまうからです。

また、ほとんどの方が喪中にしないいとこでも、兄弟のように仲が良かったからと喪中にする方もいます。

まとめ

喪中の範囲や期間はおおまかには決まっているものの、付き合いの深さや住んでいる場所によって変わります。

喪に服するというのは、本来悲しくて祝い事などできない、という心の状態ですので、続柄や決まり以上に個人の気持ちで違ってくるもの。

やはり、迷う場合はご家族と相談して決める事が大事でしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑