生チョコの箱を折り紙や画用紙で手作り♪友チョコラッピングに安く作れる!

公開日: 

生チョコ 箱 手作り

バレンタインの手作りチョコと言えば、生チョコを作る方が多いと思います。

生チョコは材料も少なく、作り方もそんなに難しくないので、私もよく作りますがラッピングに困るんですよね。

普通のチョコやクッキーなら、袋に入れるだけで良いけれど、生チョコは箱に入れるのが基本。

でも生チョコ用の箱は、100均でも1箱100円するので、友チョコ・義理チョコ用に沢山配りたい場合1箱100円はコスパが悪いんです。

という事で、生チョコ用の箱を安く作る方法はないか?と、100均の折り紙と画用紙を使って箱を手作りすることにしました。

とても安く沢山作れるので是非やってみて下さい!

スポンサードリンク

生チョコの箱を手作り 友チョコ用ラッピング

以前ラッピングの記事で紹介した、プチプチBox。
S__7970832
これを生チョコ用の箱にしてみます。

作り方はこちらの記事に詳しく書いていますが、簡単に写真だけ載せておきます~。

IMG_0646

IMG_0645

この箱を2つ作って、片方は蓋にします。蓋を重ねると、こんな感じになります。

IMG_0637 (2)

箱からチョコの油分がにじまないように、箱の中にアルミホイル、もしくはクッキングシートなどを敷きます。

IMG_0638

ワックスペーパーがあれば、その方がオシャレに見えます。

このプチboxは、1.5cm角くらいに切った生チョコが4個入れられます。

生チョコを入れたら、これまた油分がにじまないように、上からクッキングシートなどをかぶせ、蓋をします。

リボン(刺繡糸)を巻いたらラッピングは完成です!

  • 100均で買うもの
  • 模様折り紙 (両面の方が可愛い。)
  • リボンor刺繍糸
  • クッキングシートorアルミホイルorワックスペーパー

  • 以上。
    300円で50人分以上はラッピングできるかと思います!
    50人分なんて、内職か!!!って程、折るのが大変だと思いますが(笑)

    注意!
  • 生チョコは固めに作って下さい。
  • 折り紙なので強度はとても低いです。持ち運びに注意して下さい!

  • 生チョコの箱を100均色画用紙で手作り

    折り紙で作った場合のプチboxの大きさは、4センチ四方。

    かなり小さくてカワイイんですが、小さすぎてあまりチョコが入りません。

    もうちょっと大きめの箱を手作りする為に、100均(ダイソー)の色画用紙を使ってみました。
    この色画用紙、何かと使う事が多いので何色かストックしているんです( ;∀;)

    IMG_0651

    画用紙なら大きさも調節できるし、折り紙より強度は上がりますね!

    横幅が25.7cmだったので・・(中途半端だなと思いながら)

    25.7cm×12.8cmに切って、先ほどと同じように箱を作ってみました。

    ドラゴンボールちっくな色合いになってしまいました(笑)

    IMG_0647

    箱の大きさは6.5cm四方で、さっきのプチboxより全然大きいです。

    かわいい折り紙で帯を巻いて、リボンを付けると完成~。

    IMG_0650

    これなら、友チョコ・義理チョコではなく本命チョコにも使えそうですね!

    画用紙は10枚入りで1枚で1箱できるので、100円で10箱は作れます。

    まとめ

    いかがでしたか?

    生チョコ以外にもちょっとしたプレゼントを入れたり、お菓子を入れたりと何かと使えるプチbox。

    画用紙で作ると、思いのほかしっかりした作りになって、折り紙よりも使えるヤツでした(^^♪

    ですが既製品みたいな強度はないので、大量に入れて持ち運びすると箱が崩れてしまうかもしれません。

    重ねすぎないように、慎重に持って行って下さいね!

    こちらも併せてどうぞ(‘ω’)ノ
    ■失敗しない生チョコ作りにはアレを使う?失敗した時の復活&リメイク法

    スポンサードリンク

    ■生チョコのラッピング箱以外の方法は?友チョコ用に大量に安く

    スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑