子供の偏食の原因 野菜嫌いには理由がある!治し方は?

公開日: 

f02b5e910384c87dbb337ef8984d75b2_s
子供の好き嫌いが激しくて、頭を抱えてしまったことはありませんか?

  • 好きなものはさっさと食べるのに、
     嫌いなものになるとダラダラして食事が終わらない。
  • お菓子ばかり食べる。
  • 野菜を全然食べない・・・


  • 好きな物ばかり食べさせると、嫌いな物はいつまでも食べないだろうし、

    かといって、嫌いな物を無理やり食べさせるとトラウマで一生食べられなくなるともいうし・・・

    偏食に育てたら「親のせい!!」と言われますし(T_T)

    子供の偏食の原因は何でしょう?治し方はあるのでしょうか?

    スポンサードリンク

    子供の偏食の原因

    子供の野菜嫌いには理由があった!

    野菜が苦手な子供は多いですよね。

    米や麺などの炭水化物や、野菜でも芋類は好きなのに、緑黄色野菜はほとんど食べられない子が多いです。

    でもそれは多少仕方ない事なのです。

    なぜなら、野菜は見た目や匂い、味など安全ではないというシグナルが出ているから。

  • 緑色の食べ物は、未成熟の食べ物なのでまだ食べてはいけない。
  • 野菜は苦味や酸味が多いけれど、それは『毒』であったり、『腐っている』
    というしるしなので、危険。


  • と、子供は本能的に察知しているので、食べないのです。

    一方、甘い味は好むので、野菜でもかぼちゃやサツマイモ、とうもろこしは好きな子が多いですよね。

    子供のうちは苦手でも、成長し味覚が変わってくると徐々に食べられるようになるので、

    今は少し食べられたら褒めてあげれば良いのです。

    親が偏食である

    大人になっても偏食が酷い人は、親も偏食のことが多いです。

    親自身が嫌いな食べ物は、なかなか食卓に並びませんよね。

    子供のために出さないと!と思っても、
    嫌いな食材は買う気にならない、調理の仕方が分からないなど、どうしても偏りが出ます。

    そして子供の頃に色々な食べ物を食べていないと、食べられない物が多くなります。

    でも、それ以上に親の考え方が似てしまう方が偏食をより強くしてしまうように思います。

    「マズイから食べたくない。」
    「あの匂いが苦手だから食べられない。」

    等、食べ物に対してのマイナスな言葉は、親であっても少なからず言っていると思います。

    【食べ物に対するマイナスな言葉】【嫌いな食べ物を食べない】
    そんな親の姿を見て育つと、子供も同じような考え方になってしまいます。

    (私は、子供の頃母親が魚の血あいを「血が多いところで生臭い」と言った時から食べられなくなりました。)


    反対に親が何でもおいしい、おいしいと言って食べていると、

    子供もそう思うようになり、食べた事ないものでも食べてみよう!という考え方になるのです。

    食べた事ない物でも、食べてみよう!苦手な物でもチャレンジしてみよう!

    そんな風に食べ物に対して好奇心があれば、子供の時に偏食でも少しずつ治っていきますが
    嫌いな物は食べなくて良い。という考え方で育つと、一生嫌いな物を避け続けてしまうでしょう。


    スポンサードリンク

    子供の偏食は治るの?治し方は?

    多少の偏食は、防衛本能や自我の芽生えなどの理由から仕方ない!
    とおおらかに考え、心配し過ぎず、子供も親も楽しく食事ができるようにする事が大切です。

    でもやっぱり、あまり好き嫌いが酷いと栄養面で不安ですよね。

    徐々に治していくには、、

  • 一緒に料理をする
  • 食べられたら、とにかく褒める
  • 家庭で野菜を育ててみる
  • 調理法を色々と変える
  • 親が「おいしい!」と言いながら何でも食べる


  • などが、好き嫌いを減らすのに効果的なんです。

    料理をお手伝いすると、自分が作ったものは食べたい!(そして美味しくあってほしい)
    と思うものなのです。

    「○○ちゃんが作ってくれたから美味しいね!」

    と言って食べさせ、食べられたらまた大げさに褒め倒す。

    そうすると、子供は嬉しくなって食べます。

    野菜を育てる事も、料理を作ることと同じく、自分が一生懸命世話をして作ったものは食べたいし、きっと美味しいはずであろう!と思うものなんです。


    食べ物に触れさせる。という事が大切だと思います。

    お料理は、ただテーブルに並べられた物ではない。

    野菜を育てるのは大変、料理を作るのも大変、だからこそ感謝して食べないといけない。
    という心を育てる事ができますからね。

    子供の偏食が酷くならない為に!

    ファーストフードやコンビニ弁当、インスタント食品、甘いもの、スナック菓子を与え過ぎない事!が重要です。

    こういう食べ物は、油と糖分、添加物が豊富でとても美味しいく食べやすいですよね。

    しかし、食べ物本来の味が分からなくなってしまい、何でも濃い味付けでないと食べられなくなります。

    どんな料理にも、マヨネーズや焼肉のタレをかけなくては食べられない人っていますよね。

    (ファーストフードや、コンビニ弁当、インスタント食がどんな物で出来ているか知りたい方はこの本がお勧めです。)

    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

    食品の裏側 [ 安部司 ]
    価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)



    また甘い物は食べても食べても欲しくなるので、つい食べ過ぎてしまいます。

    虫歯の原因にもなりますし、肥満や糖尿病などの生活習慣病になる恐れもあるのです。

    最後に

    いかがでしたか?

    子供の偏食は多少は仕方ない事です。

    だけど、食べないからと好きな物ばかり食べさせたり、
    お手軽に食べてくれるからとファーストフードやコンビニ弁当で済ませるのは、今後の偏食をより酷くさせるだけでなく、体にとっても良くありません。

    何でも食べられる子に育てるには、親が何でも美味しいと言って楽しく食べる姿を見せる事だと思います。

    スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑