嵐山の観光 混雑時のアクセス方法と桜の名所半日コース

公開日: 

a6ee687c42006e84307c6396e3e9d966_s
京都の桜を見に行くならば、外せないのは嵐山ですね。

嵐山の美しい観光スポットはたくさんあるので、1日で回りきるのも難しいかもしれませんが、

『他も行くので嵐山で1日もゆっくりできない!半日で巡りたい!』
という場合はどこをまわれば良いでしょう。

ここは行っておきたいという桜の名所や、混雑に巻き込まれないアクセス方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

嵐山観光はどんなアクセス方法が一番良い?

京都市内の観光には、電車、バス、観光タクシー、レンタルサイクル

などの方法がありますが、観光に一番多く利用されるのがバスです。

バスの1日乗り放題券もあるので、本来京都観光はバスが一番便利なんですが、

紅葉の時期や桜の時期はとっても混み合うんです。

バスの乗客数も増えるのはもちろんのこと、道路もとても混むので、待っていても時間どうりになかなかバスが来ません。

さらに、来ても乗る人が多すぎて次の便まで見送らないといけないこともあります。

ですので、混雑時の京都は電車+徒歩 が鉄則です!!

嵐山へ行くには、、

●最寄駅は嵐電(京福電鉄嵐山線)の嵐山駅です。
(渡月橋までの目安 徒歩3分)

●JR京都駅からなら、JR嵯峨野線(山陰線)利用→嵯峨嵐山駅
(渡月橋までの目安 徒歩12分)

●阪急嵐山線 嵐山駅
(渡月橋までの目安 徒歩7分)

スポンサードリンク

嵐山の桜の名所 半日コース

445ef6c3ec44b89aba60eb707e78c2b8_s
紅葉の時期がにぎわう京都ですが、個人的な好みでは、桜の時期の方が良いです^^

混雑は勿論するけれど、紅葉の時程の混雑ではないので、まだゆったり見てまわれるでしょう。

 

■半日でまわれるコース■

■渡月橋
嵐山のシンボル的な全長155mの橋です。
ライトアップ あり
18f1bd25469bb78147fda21c9c284645_s
■天龍寺
天龍寺は庭が広く、大きな池があり池には山の風景が鏡の様に写り込んでとても綺麗です。
そしてあちこちに桜が咲いており、大きなしだれ桜が印象的でした。

008

料金 庭園 500円  
時間 8:30~17:30(3/20までは17:00まで)
ライトアップ なし

■竹林の道
ここは桜ではありませんが、、嵐山を訪れたら行っておきたいスポットです。
辺り一面竹に包まれた一本道は、静けさがあり神秘的な空間です。
46936ccc723f71a0e57d01faf461a2be_s

■二尊院
紅葉の名所の二尊院ですが、桜も美しいです。
総門から本堂までは、広い表道を桜並木が続きます。
天龍寺や竹林の道ほど混み合うこともなさそうです。

料金 拝観 500円
時間 9:00~16:30
ライトアップ なし

■トロッコ列車
トロッコ嵯峨駅〜トロッコ亀岡駅間を走る列車です。
桜の時期や紅葉の時期はとても綺麗で、人気があるので、乗りたい場合は前売り券を買っておくのがマストです。

トロッコ列車の詳細についてはこちら→嵐山トロッコ列車の予約方法と当日券は何時から並ぶ?席のおすすめは?

■嵐電嵐山駅の着物フォレスト
こちらも桜の名所ではありませんが、嵐電嵐山駅は斬新で面白いんです!
駅のいたるところに置かれている着物のポールたち。
昼間は着物の鮮やかな色合いが美しく、夜はライトアップされてさらに幻想的な美しさがあります。
a6ee687c42006e84307c6396e3e9d966_s

所要時間は、全てまわっても4時間くらいです。
時間がない人でも半日でまわる事ができますし、夕方からは他のスポットへ夜桜を見に行ったりもできますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑