ひな祭りメニューにカップ寿司風3色ご飯 ちらし寿司が苦手な子供さんに

公開日: 

S__3072060
ひな祭りのメニューといえばちらし寿司ですね。

我が家では、子供がちらし寿司が苦手
かつ私も面倒なのは苦手・・・
なので、いつもちらし寿司は作っていませんでした。

しかし、ひな祭りの雰囲気を味わわせてやりたいと思い、最近流行りのカップ寿司風3食ご飯を作ってみました。

うずら卵と梅干しのお雛様もなかなか好評です。

スポンサードリンク

ひな祭りのカップ寿司風3色ご飯レシピ

◇材料
・ご飯
・錦糸卵
・海苔
・枝豆(冷蔵庫にあったから)
・オクラ(冷凍庫にあったから)
・鮭フレーク
・青のり
・ハムもあればカワイイです

180mlの軽量カップくらいのカップを使用しました。
※後からレンジで温めるなら、耐熱容器の方が良いです。

3色ご飯を作ります。
①お茶碗にご飯を入れ、一つ目は鮭フレークを混ぜます。少し多めに。

②別のお茶碗に二つ目は青のりを入れ、混ぜます。

③別のお茶碗に白ご飯を入れておきます。

ご飯を少し冷まします。
(温かいまま入れると、容器に湯気がついて3色に分かれてるのが分かりません。)

④冷ましている間に卵を焼いて錦糸卵を作ります。

⑤オクラを切り、枝豆も剥きます。

ご飯がある程度冷めたら、青のりご飯(又は鮭ごはん)をカップに敷き詰めます。

4分の1くらい敷き詰めたら、海苔をちぎって入れ、横から見た時に可愛らしいように枝豆やハムなどを入れました。
S__3072059
次は白ご飯を入れて、また海苔やハムを入れます。

最後に鮭ご飯(青のりご飯)を入れて、錦糸卵やオクラ、枝豆、ハムで飾り付けします。

S__3072061

スポンサードリンク

うずら卵と梅干しお雛様

◇うずら卵と梅干しのお雛様
・うずらの茹で卵
・黒ゴマ
・梅干し
①まずウズラの茹で卵を作ります。すでに茹でた物も売っています。

 

■うずらのゆで卵の簡単殻剥き

茹で上がったうずら卵は、水で冷やしてからタッパーに入れます。
蓋をしてガシャガシャと上下に(激しく)振ると簡単に殻が剥けますよ。

②うずら卵にピックを刺してます。

③うずら卵に黒ゴマを付けます。
そのままだと取れてしまうかもしれないので、押し込みます。

④うずらを刺したピックを梅干しに刺します。
S__3072060
梅干しは、シソとハチミツをつかいました。

ピンクのご飯にするなら、桜でんぶでも良いと思いますが、食べた時に鮭フレークご飯の方が美味しいですよね。

海苔で髪の毛をつけたバージョンも作りましたが、普段デコ弁なんかをしていないと難しいですね。
S__3072062

■反省点
もう少し、青海苔と鮭フレークを多めにして、ハッキリ3色が分かれているようにすれば良かったかな?と思いました。

しかし、ちらし寿司が苦手な子供でも、ただの混ぜご飯なので喜んで食べてもらえました。

ちらし寿司が苦手な子供さんの、ひな祭りのパーティメニューにいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑