ガラケーからスマホへ変更した場合の値段と安くする方法

公開日:  最終更新日:2016/12/04

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s
長年ガラケーを持っているけれど、ガラケーを出すのが恥ずかしい・・・

そんな事をよく聞きます。

ガラケーは電話はしやすいし、充電の持ちも良いし良い所はたくさんあるのですが、
友達との付き合いのSNSにスマホが必須になってきました。

今は学校の連絡にも保護者がラインを使ったりするようで、ガラケーのママさんは肩身の狭い思いをされているのではないでしょうか?

そんな方の為にガラケーからスマホに機種変更した場合の値段と、さらに安く持つ方法についてお伝えします。

スポンサードリンク

ガラケーからスマホに変えた場合の値段

様々なプランがありますが、今は大手キャリア3社(docomo、au、ソフトバンク)共にどこに電話をかけても定額の、かけ放題プランがメインとなってきました。

ネットは使う容量に応じて自分で選べるネットの定額パックが、かけ放題プランとセットになります。

「かけ放題+ネット定額パック」この基本的なプランでご説明します。

通話料かけ放題   2700円
ネットの使用料   300円
ネット定額パック2GB  3500円
合計       6500円(税抜き)
これが基本使用料です。

ネット定額パックの2GBは一番小容量のパックでほとんどネットは使わない方向け。

 この金額は、機種の本体代が入っていません。

ここに本体代金が入るのですが、例えば本体代が48000円なら、それを2年で分割契約します。
分割にすると月々2000円になりますが、そこに月々割引いてくれる金額が付きます。

例えば-1600円の割引が付くなら
 2000円-1600円=400円 

で、実質毎月支払う機種代金は400円ですね。

これは例なので、機種と割引の金額はスマホによりバラバラですが
実際の機種代をまるまる支払う訳ではなく、大体は割引のお陰で月々数百円程度です。

機種代の分割金と月々の割引が同じ額なら、機種代は実質0円になりますよね。

※2/2追記 2016年2月1日より、実質0円の機種は販売されなくなりました。

 後は、オプションをどうするかですが、壊れた時の保証くらいは必要だと思うので、それが月に大体500円くらいです。

トータルすると

基本料金   6500円
本体代    ○○円
割引     ○○円
ケータイ保障 500円
合計    7000円(税込7560円)
+割引を引いた機種代

ネット使用料が増えれば5GBプランになるので
+1500円の8500円(9180円)になり1万円近くなってしまいます。

高い気がしますが、これが機種変更した場合の基本的なプランです。

(実際は各社様々なキャンペーンをしていて、安くなる場合があります。)

スマホを安く持つ方法 他社へ乗り換え

同じ会社で契約する機種変更他と、他社から番号をそのまま移行する「乗り換え」では、同じ機種でも月々の割引が全然違います。

またキャッシュバックや、その他特典がたくさんあり、月々の料金がとても安くなる事があります。

もし、他社に乗り換えが可能なら、スマホを安く持つ為には乗り換えも検討するべきです。

中でも狙い目なのが「実質0円」の機種ではなく、「一括0円」機種です。

これは代理店によってしている店、していない店がありますので、色んな店を見てまわらないといけませんが
一括0円とは、本体を分割にして契約するのではなく、本体が0円なんです。

本体が0円なのに、分割時にもらえてた割引がなぜかもらえるので、毎月の料金から引かれ安くなります。

では、先ほどの基本的なプランの値段と比較すると

基本料金 6500円
本体代   0円
割引  -2000円
保障   500円
合計   5000円(5400円)

のように2000円も安くなりました。
ですがキャンペーン適用の為に5GBの5000円のネット定額パックが必須ですという場合もあったり
一括0円の機種は、割引がぐんと下がったり、制約が色々あったりしますので、プランは注意して聞いてくださいね。

※2/2追記 実質0円機種がなくなったので、一括0円の機種も探すのは難しいかもしれません。
また乗り換えのキャッシュバックも、今後廃止になるようです。

しかし、1年程前も同じように乗り換えのキャッシュバック合戦をしないよう国から規制がかかりましたが、結局また始まりました。
ので、今後の展開は未定ですが、料金プランやキャンペーンなど大きく変化していく時期かもしれません。)

またお家のネットをセットにするとさらに割引が追加されるのは、もう鉄板ですし
お家の電気料金もセットのプランが今後色々と展開されていくでしょう。


スポンサードリンク

スマホを安く持つ方法 格安SIM

「格安SIM」って最近よく聞きませんか?コマーシャルもどんどん増えていっていますね。
格安SIMとは、大手キャリアではないけれど、ドコモなどの大手キャリアの通信回線を借りて、独自の料金体系のプランを提供する会社のSIMカードのことです。

そもそもSIMとは、電話やネットを通信させるための小さなカードの事です。
これがないと電話やネットができません。

格安SIMと大手キャリアとの違いは?

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアはスマホ本体と、SIMカードをセットで契約するのが普通ですが、

格安SIMの場合は

  • SIMカード単体契約
  • SIMカード+機種の契約


  • のどちらかを選べます。

    そして、大手キャリアは実店舗がたくさんあるので、分からない事を聞きやすいですが、格安SIMの場合は実店舗がないことが多いです。
    (あっても、大型家電量販店の中だけ、など地方の人には不便)

    格安SIMの難点は、

    ●様々な会社のプランからどれが合っているか調べるのが面倒
    ●SIMだけ契約した場合、別途スマホを用意しないといけない
    ●大手キャリアより購入後のサポートが受けづらい
    ●時間や場所により通信が遅かったりする

    しかし、よく調べてMVMOで契約できれば、価格的には大手キャリアの3分の1ほどの値段でスマホが持てる事になるのです!



    格安SIMの料金はどのくらい?

    例えば、IIjmioという格安SIMの会社があるんですが、こちらで契約した場合、

    通話基本料 700円
    ネット使用料(3GB)900円
    合計       1600円

    と2000円もかからない値段でスマホが持てるのです。

    MVMOは、通話料がかけ放題ではなく30秒20円など高額なので、通話が多い方には向きませんが、毎月の料金面では格安なんです。
    勿論、今の番号そのままで乗り換える事ができます。


    格安SIMでスマホを契約したいけれど、色々あってよく分からない、不安・・という方は、

  • 店舗があって色々と聞ける
  • 機種もセットで購入できる


  • という会社を選ぶと良いと思います。

    例えば、ブサカワネコでおなじみのYモバイルは店舗もそれなりに多いですし
    機種も選べますし、ソフトバンクと同じ機種を扱っていたりします。

    また楽天モバイルは、月1880円~の費用でスマホ本体もセットなので、かなりお得ですね。
    楽天モバイルも多くないけれど店舗はあります。



    (MVMOのプランは、今後個別に記事を追加していく予定)

    まとめ

    いかがでしたか?
    スマホは大手キャリアで機種変更すると、高い値段で持つ事になります。
    それに比べて、他社への番号そのまま乗り換えや、MVMOへの乗り換えは格段安くなります。

    長年同じキャリアを使っている人には特典がないのか?!というユーザーの不満から、機種変更でもキャンペーンはそれなりに出るようになったので、機種得変更で良いキャンペーン対象なら、安くなる場合もありますが

    それでもやはり、他社への乗り換えの方が特典は凄いですね。

    スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑